看護師の平均年収は?給与アップが理由の転職もあり?

我が国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院に従事する看護師は、公務員として働いているため、平均年収は約593万円になります。
公務員看護師は給料の上がる率も民間病院と比較して高く、福利厚生も完備しています。
準看護師を例にとると、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。
改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。
明らかな違いといえば、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬を処方することが仕事とされています。
対する看護師の仕事は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。
看護師は医師の指示により医療行為を行う場合が多いですが、単純な医療行為であれば、医師の指示なしでも行うことが可能です。
であるから、一例として、老人ホームなどといった福祉施設に看護師がいる際は、非常に心強いと思えます。
入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子持ちの看護師からすると大変な懸念事項となっています。
ある程度の年齢までなら24時間保育を行っている保育所の利用や院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。
ですから、子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も相当数いると思われます。
あまり一般的ではないかもしれませんが、医療機関以外に看護師として働ける職場に実のところ、保育園が挙げられますよねー★こうした保育園を職場にするとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方はぴったりの職場でしょうね!!私もがんばろうと思います!ちなみに、どういった仕事かというと看護師として子どもたちの健康をケアしながら、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする大切なものです。

看護師転職で志望動機どう答える?事前に面接対策【病院を選ぶ理由は?】