インターネットを接続する方法とは?

パソコンを購入すればインターネットが使えるようになるというわけではありません。
インターネットに接続して初めてインターネットの利用が可能になるのです。
インターネットの接続方法は1つではありません。
まずインターネットの回線をどの回線を選ぶのか決めるところからスタートします。
インターネット回線は昔は固定電話やISDNが使われていましたが、通信速度の遅さから今ではADSL、CATV、光回線を選ぶのが主流になっています。
どの回線を選ぶかで通信速度の他に料金も大きく異なります。
光回線が最も通信速度が早く使い勝手がいい回線なのですが、まだ利用出来ないエリアもあるので自分が住んでいる地域がどの回線を使えるのかを先に確認してから選ぶといいでしょう。
光回線の場合は工事が必要です。
そして回線を選んだからいよいよインターネット接続が出来るというわけではありません。
次はプロバイダーとの契約になります。
プロバイダーもどこを選ぶかで通信速度と料金が変わってくるので比較サイトを参考に選びましょう。
プロバイダーとの契約が完了し、パソコンの設定をしてようやくインターネット接続環境が整った状況です。
ネットワークの接続設定はプロバイダーで分かりやすくマニュアルとして載せているプロバイダーもありますが、自分では分からないという場合はプロバイダーの会社が設定までしてくれるサービスもあります。
インターネットを家族で1人1台利用したいという場合や家でもパソコンを使うし、モバイルを外でも使いたいという場合にはルーターを使って複数台のパソコンがインターネット接続出来ますし、外でも利用出来るようになります。